出版時の注意

出版会社を利用するまでの過程

出版を依頼するうえで重要なことは、コスト面ももちろんなのですが、自社のイメージを共有できるかという点が何より重要です。出版をする前に元原稿があり、それをもとに校正をかけて印刷をするのですが、この校正の段階で手違いが起こってしまいますと出版した本のイメージがだいぶ違ってくるのです。たいてい本を出版する際にはそのカバーなどに、注目を集める工夫がされるものです。この作業に関しては出版会社の提案に乗っかるパターンもあるでしょうが、出来るだけ自身のアイデアに近いものとして打ち合わせをした方が良いでしょう。本のカバーでどれだけ注目されるかで、その中身を読んでくれるかにかかってくるのです。ですので入念に考えても良い部分だと言えるのです。

新刊書籍に関してのコストについて

書籍店には本当に数多くの本がと立ち並ぶのですが、だいたいの文庫本の価格は1,000円から2,000円の間というものが多いでしょう。ですがその書籍が本屋に立ち並ぶまではさまざまなコストがかかるのです。まずは出版するための構成を考えることが必要になってくるのですが、この際には取材や必要物のお取り寄せなども必要です。次に執筆などで制作するのですが、この際のコストは原稿料やワープロの場合もネット代などです。そして印刷の工程に入るのですが、印刷に関しては1枚いくらという風にしている会社がほとんどですので、発行部数によって金額がピンキリです。ただカバーに関しては中身のページの印刷よりも高額になるので、発行部数はコスト面を考えると重要です。